スポンサードリンク




2018年10月22日

栄養成分効果辞典

 ”身体からのサイン、見逃していませんか?!” 人は食べなければ、生きていけません。 「医食同源」という言葉がありますが、食材には、継続することで薬に匹敵する効果を持っています。

 ”身体からのサイン”がみられる場合、同じ食べるのであれば、その働きを知っておいた方が得ではないでしょうか?

カテゴリの説明
  ●症状別に改善する成分=偏った食事、ダイエットが原因で、不足する栄養素が
   生じ、継続的に摂取することで症状別を改善に繋げる成分です。
  ●栄養素=当サイトでは、食物繊維、栄養素同士の化合物を含みます。
  ●アミノ酸=主に毛髪や肌、筋肉、内臓、骨格、血をつくるたんぱく質の素に
   なる成分です。
  ●栄養成分=健康維持、活動に役立たせる化合物を基になる元素物質です。
  ●抗酸化成分=シミやしわ、肌老化を促進する活性酸素を除去する働きをする
   成分です。
  ●酵素=体内で物質や栄養成分を変化させて利用するのに欠かせない物質です。
   補酵素=酵素の役割を助ける働きをする物質です。
  ●食品栄養素成分=食品が含む栄養素と成分を指し、日本成人女性1日の
   栄養素所要量を満たす割合を含み、食品名横にカロリーを表示。 記述が100g
   未満の食品は、1食または1日分としました。
   ※略記:蒸す=蒸、焼き=焼、水煮=煮、ゆで=茹、炒める=炒
  ●食品の旬=野菜や果実、魚介類など食物の出回りの時期です。
   【春(3〜5月)】 【夏(6〜9月)】 【秋(9〜11月)】 【冬(11〜2月)

当サイトの利用方法をご案内させていただきます。

1. 上記カテゴリをクリック致しますと、先頭ページに移動し、詳細説明をさせて
  いただきます。

2. 身体からのサインがあり、検索ボックスをご利用頂きます場合、下記の 『 』
 内の語句が”気になる症状”だと致しますと、その下に表示してありますのが、
 関連性が高いキーワード例となります。

足、下半身むくみ冷え 』       『 ニキビ肌荒れ
 ●冷え性予防               ●肌荒れ予防
 ●冷え予防                  ●抗酸化作用
 ●血流促進                ●脂肪分解
 ●代謝                  ●たんぱく質代謝
 ●糖代謝                  ●活性酸素(肌老化を促す物質)
 ●脂質代謝                 ●肌張り

お腹の張りガスたまる 』       『 立ちくらみがする
 ●便秘予防                ●貧血予防
 ●整腸作用                ●立ちくらみ
 ●排泄                  ●酸素運搬
 ●宿便                  ●赤血球
 ●老廃物                 ●生成

※検索していただいても見つからない場合は、キーワードを空白で区切ってお試しください。

【 参考書籍・資料 】
「食品成分表改定最新版」女子栄養大学出版部2011年2月25日発行
「五訂食品成分表2001」 女子栄養大学出版部2000年11月発行
「おもっきりテレビ」2001年10月〜02年4月放送分
「新聞掲載記事(朝日、讀賣)」1990年1月〜

posted by 水夢 at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養成分効果辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク