スポンサードリンク




2018年05月07日

下腹の張り 便秘改善

  食物繊維ペクチンなど栄養、または運動不足、腸内環境の悪化、貧血冷え性などの原因により、3日以上排便がない毎日排便があってもまだ出そうな感じがある状態です。 女性は食事量が少ない、女性ホルモンの関係で腸からの水分吸収が増え、腸の働きが悪くなってくると便秘になりやすくなります。

食の健康 花粉症A内環境をえよう

  腸内細菌のバランスは、食生活、ストレス、年齢などでたやすく変わる。 腸内に悪玉菌が増えると、便秘をしたり、便の状態がころころ変化したりするほか、花粉症などのアレルギー症状も悪化すると考えられている。

  最近は、従来の整腸作用に加え、花粉症そのものへの効果を調べた研究も相次ぐ。 鳥取大の榎本雅夫客員教授と森永乳業などが04年以降続けている共同研究では、ビフィズス菌の特定株入りのヨーグルトをとった患者よりも、花粉症の自覚症状が和らいだことなどが報告されている。

  実際に摂取するときのコツを、腸内細菌に詳しい、理化学研究所バイオリースセンター室長の辨野義己さんに尋ねた。
  胃酸の影響を受けづらい食後にとるのがベスト。 量は、ヨーグルトなら、1日100c程度からでもいいという。 「1種類を2週間以上試し、うんちの状態や排便回数が改善するかで判断するといい。 毎日続けて食べることが大切です」 という。
              「朝日新聞2009年2月23日掲載記事より一部抜粋」

おなら 体調変化示すシグナル

 「食物繊維をしっかりとり、腸内の環境を整えることが大事」 と姫路工業大学環境人間学部の辻啓介教授は話す。 食物繊維はコレステロールを体外に出すほか、悪玉菌の活動を抑え、有害物質を吸着して便として出してくれる。 いわば腸内の掃除役。

  辻さんによると、20cとると便が150c出る。 これは1日1回の便意を催す量。 しかし、15cでは便120c前後にしかならず、便秘につながる。 便が腸内にとどまる時間が長いほど、有害物質が多く生じる。

  便秘の解消にはイモ類や豆類、穀類を意識してとるとよい。 ヨーグルトなどで善玉菌を増やし、腹筋をきたえる適度な運動も効果的だ。
              「朝日新聞2001年12月11日掲載記事より一部抜粋」

  腸には細菌・ウィルスから身を守る免疫機能の約70%以上が集中しているため、便秘が続きますと、免疫力が低下し、風邪などの感染症にかかりやすくなり、 がんなど重大な病気の原因になりますので、症状が続く場合は、医師に相談することをお薦めします。

  今すぐ可能な予防・改善情報は、「 便秘 お腹 張り ガス たまる...効果的な 予防 改善 食 」 から提供させていただいております。

posted by 水夢 at 07:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状別 改善成分 / 食習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


スポンサードリンク